HOME  > お知らせ/助成金情報  > トピックス  > 胆管がんなど4疾病を労災補償の対象となる業務上疾病として明確化
アーカイブ | RSS |

胆管がんなど4疾病を労災補償の対象となる業務上疾病として明確化

投稿日時: 2013-09-12 06:00:00 (687 ヒット)

労働政策審議会は、9月10日、労働基準法施行規則に定める業務上の疾病に胆管がんを含む4疾病(※)を追加する厚生労働省の方針を「妥当」とし、厚生労働大臣に答申しました。

※新たに追加する4疾病

(1)テレビン油にさらされる業務による皮膚疾患

(2)ベリリウムにさらされる業務による肺がん

(3)1,2-ジクロロプロパンにさらされる業務による胆管がん

(4)ジクロロメタンにさらされる業務による胆管がん

厚生労働省は、業務を原因として労働者が疾病にかかった場合に労災補償を受けられる範囲を、労基則別表第1の2(以下「別表」という。)に具体的に掲げています。

これまで、労働環境の変化に伴い新たな要因による疾病が生じうることを考慮し、定期的に「労働基準法施行規則第35条専門検討会」(以下「専門検討会」という。)で業務上疾病の範囲の医学的検討を行い、別表に業務上疾病を追加してきました。

このたび、専門検討会が7月3日に「労働基準法施行規則第35条専門検討会報告書」を取りまとめたことを受け、厚生労働省は上記の4疾病を別表に追加する 省令改正案要綱を、7月10日に同審議会に諮問していました。 答申を受け、厚生労働省は、平成25年10月1日に改正省令を施行する予定です。

詳しくはこちらをご覧ください。 http://www.mhlw.go.jp/stf/houdou/0000021826.html


印刷用ページ 

無料相談お申し込み - 親切・迅速な対応をお約束

千葉 社会保険労務士 ( 市川市 浦安市 船橋市 習志野市 エリア ) 農業法人 農業生産法人 人事制度 障害年金 受給 雇用保険 社会保険 労働保険
労災保険 加入 手続き 助成金 申請 就業規則 作成 変更 給与計算代行 (アウトソーシング) 成果主義 評価制度 賃金制度 人事考課 人事評価 労働基準法
労働基準監督署 残業 解雇 労働問題 八千代市 松戸市 鎌ヶ谷市 千葉市 四街道市 市原市 江戸川区 葛飾区 江東区 墨田区 足立区 荒川区 他

Copyright © 2010 ガイアFP社会保険労務士事務所. All Rights Reserved.